乾燥肌にオススメなのは?手の乾燥についても紹介!

乾燥肌には、まず洗顔やボディソープ、ハンドソープなどを見直す事です。

いくら良い化粧品を使っていても、洗浄力のキツイ製品を使っていると、肌のバリア機能が弱くなり、水分を保持する事が出来なくなります。

その結果、化粧水や美容液などもすぐ角質から蒸発してしまい、乾燥肌が更にひどくなるのです。

そうなると、シワやたるみの原因になります。

まずは、洗顔やボディソープなどについて紹介したいと思います。

乾燥肌にはボディソープより石鹸がいい?

 

乾燥肌にはボディソープより石鹸がいい

冬になると、普段は乾燥しなかったところも、乾燥してきたりしますよね。

それに加えて、30歳を超えてからは、去年は乾燥しなかったところが乾燥することが増えました。

それも結構な範囲で乾燥し、あげくの果てには、痒くなって掻きむしってしまうことも…。

私の場合、お顔は丁寧にお手入れすることはあっても、今の今までボディは放置していました。

痒くなったら軽く保湿剤を塗る程度…(笑)

最近は、ますます痒くなるは、掻きむしった跡は残るはで、いいこと1つもないです。

乾燥はお肌のトラブルのもとになります。

乾燥しないためにはお顔のケアと同じように、ボディケアも大切だと気がつき、

お風呂で体を洗う時の、洗浄剤ってどうなんだろうと思うようになりました。

そもそも、ボディーソープと石鹸って、どっちが乾燥しないんだろう。

洗顔だと、洗顔石鹸を使って綺麗なお肌を保っている人が多いけど…。

ここでは、ボディーソープと石鹸についてご紹介したいと思います。

ぜひ、参考までにご覧ください。

石鹸

石鹸素地: ナトリウム(固形石鹸)、脂肪酸カリウム(液体石鹸)のみ使用しており、成分合成・添加物が含まれていないもの。

この2種類のみを石鹸という。

合成界面活性剤の入っていない本当の無添加石鹸、肌に優しい、肌が弱い人は石鹸無添加が多い(石鹸素地のみ成分が多い)

ボディソープ

天然界面活性剤: 酸化しやすい、腐りやすい→防腐剤たくさん使用するため逆に肌刺激になる汚れが落ちないため製品として成り立たない。

天然界面活性剤をよりよく改善したものが合成界面活性剤。

全てが肌に悪い訳ではない。

ボディソープはしっかり洗い流す必要がある。

残りやすい性質もあるので、主に弱酸性が良い。

ボディソープより石鹸の方が成分はシンプル

 

ボディソープより石鹸の方が成分はシンプル

ボディソープと石鹸は、成分が違います。

ボディソープは主に合成洗剤でできていて,石鹸は主に石鹸素地でできています。

ボディソープ

合成界面活性が主な成分となり、洗浄成分3割残り7割は水分でできています。

合成界面活性剤は、水と油など、本来混ざり合わないものを人口的に合成されたもののことを言います。

クレンジング剤や乳液・クリームなどにも使用されていますが、蓄積されていくと、肌の老化を早めてしまったり、お肌にとって重要なバリア機能を緩めて溶け出してしまうので、バリア機能低下の原因にもなります。

バリア機能が低下すると、慢性的な乾燥肌となってしまったり、敏感肌になってしまい刺激を

受けやすくなってしまうことがあります。

石鹸

石鹸素地が主な成分となり、合成成分・添加物が含まれていないものを言います。

石鹸素地とは、合成界面活性剤が入っていいない無添加石鹸のことで、脂肪酸ナトリウム(固形石鹸)、脂肪酸カリウム(液体石鹸)のみ使用しているものを言います。

石鹸成分は石鹸素地以外の添加物のチェック

 

石鹸成分は石鹸素地以外の添加物のチェック

石鹸は、シンプルな成分で作られている「純石鹸」と「無添加石鹸」がありますが、添加物が入っている石鹸もあります。

必要な成分の他に、余分な成分も入っていることもあります。

ただ、添加物と言うと、良くない成分というイメージが強いですが、保湿剤が含まれる成分や、色素・香料が含まれる成分が入ると添加物が含まれるということになります。

自分にとって、肌への刺激となる添加物成分をチェックすることが大切です。

あと、手に使うハンドソープも、上記を参考にしてチェックしてみてくださいね。

最近では、手の甲の老化をストップする為に『老け手専用クリーム』というものが発売されています。

話題になっているのは、ハンドピュレナという商品です。

手の甲の老化が気になっている人は、一度チェックしてみてはいかがでしょう!

まとめ

 

まとめ

乾燥肌はお肌が敏感になりかけていて、刺激を受けやすくなっている状態なので、ボディソープでも石鹸でも、成分をきにしながら、自分にとって刺激の少ないものを選ぶといいですね。

手や顔の肌に合ったものを、試しながら利用していく事が大切です。

しっかり泡だてて、優しく泡で洗いうことも大切です。

こすりすぎは摩擦になって、お肌への刺激になります。

エステティシャンの方のお話によると、ボディもお顔と同じようにお手入れする必要があるようです。

それを聞いて納得(笑)

優しく洗って、しっかり保湿!!!

入浴後のスキンケアも合わせて行い、しっかり保湿しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。